ロウバイの花と雲南紅茶

2018年が始まりました。
今年が戦争の無い、平和な年になる事を祈るばかりです。
ロウバイの花々が咲き始めました。
大きな沢山の葉が、ある日、あっという間に北風に
吹き飛ばされると、木の枝えだには沢山の丸い黄色の蕾と
咲き始めたばかりの黄金色の可愛らしい花がびっしりと
付いていました。
近づくと、周りにはレモンのような、爽やかな香りが
漂っています。

ティータイムの紅茶は中国茶の雲南紅茶にしました。
昨年末、ふらっと立ち寄った銀座の喫茶店に、
雲南紅茶というメニューがありました。
注文してみると、ガラスのポットに入った紅茶と
小さな羊羹が二切れ付いて出てきました。
飲んでみると、思ったよりもずっと美味しく、
ぜひまた飲んでみたくて、茶葉を予約注文しました。
甘い花のような香りが強くて、いれる前の茶葉からも
良い香りがします。
小さなもなかと、手作りのカスタードパイを添えました。
もなかは、あんと皮が別々になっている、松山市の
お土産です。
e0164519_20203818.jpg
e0164519_20214420.jpg
雲南紅茶の茶葉
e0164519_20324778.jpg






[PR]
by rosemasayo | 2018-01-10 20:33
<< 雪を見ながら、ジンジャーづくし... クリスマスの夜のピアノの音色 >>