スコットランドのショートブレッド

通りかかつた公園の大イチョウの葉が黄色く、黄色く色付いていました。
寒そうな空の下、今にも散り始めそうな気配でしたよ。
師走になりましたね。何だか道行く人達も急ぎ足?

今日はショートブレッドを焼いてみました。
スコットランドの方から、教わったレシピです。
材料は小麦粉とライスフラワー(米粉・上新粉)と無塩バターとお砂糖
だけです。練ってから、木型で型取って、焼き上げます。
お米の粉を使うなんて、ちょっと親近感が湧きませんか?
木の型はすずかけの木からできていて、模様はスコットランドの
シンボル、アザミの花です。木型の周りのギザギザ模様は
太陽の光を表しているそうですよ。
ショートブレッドは今では、一年中食べられていますが、
昔はクリスマスから大晦日に食べる習慣があったそうです。
バリエーションも色々あって、エジンバラではアーモンドをいれたり、
アイルランドではクリームや卵を入れたりするそうですよ。
キャラウェイ入りもあるとか。
紅茶はF&Mのクリスマスティーにしました。
カカオ、クローブ、オレンジなどが入っていて、スパイシーな香りの
紅茶です。今年もクリスマスがやって来ますよ~!!^^
e0164519_18203396.jpg

e0164519_1824197.jpg
e0164519_182735100.jpg
コトネアスターの赤い実。
[PR]
by rosemasayo | 2015-12-10 18:35
<< クリスマスのハイティー ラズベリーマフィンでティータイム >>