旅する種とパーキン

晩秋の午後の各駅停車は人影もまばらで、急行待ちのドアは
大きく開かれていました。
片隅に座っていると、3㎝位の丸い羽毛の様なボールが
フワフワと空に漂いながら入って来ました。
中心には黒い粒が付いています。何かの種のようでしたよ。
フワフワと漂いながら車両の先の方へ先の方へと飛んで行きました。
電車に乗って、植物も旅をするのかなぁ?

11月5日はガイ・フォークス・デーと言って、イングランドでは
花火を打ち上げたりして楽しむ日になっているそうです。
その日に食べるのが、パーキンと云うオーツ麦、糖蜜、ジンジャーで
作るケーキだそうですよ。イギリス人の女性から作り方を習いました。
ジンジャーの香りが生きたケーキができましたよ。
ドラマ、ダウントンアビーのアフタヌーンティーのレシピ本を見ていたら、
カーソンさんの日曜午後のパーキンと云うレシピが在りました。
カーソンさんもパーキンが好きなんですね。きっと。^^
紅茶はカルダモンティーにしましたよ。水と粒を開いた
カルダモンを小鍋で沸騰させて、茶葉を入れ、再び沸騰したら
牛乳を加えて、煮立つ間際に火を止めて蒸らします。
カルダモンの香りが心地よいミルクティーです。
e0164519_16133120.jpg

e0164519_161536100.jpg
ひっそりと咲く小菊も晩秋の雰囲気ですね。
e0164519_16174224.jpg
[PR]
# by rosemasayo | 2016-11-10 16:23

エレクション(選挙)ケーキ、大統領はだれ?

日毎に秋が深まって、今日は肌寒い風が吹いています。
何となく寂しさが感じられて、メランコリーな気分。
こんな気分を吹き飛ばすためにも、ハロウイーンで大騒ぎするのかしら?

東京都美術館でゴッホとゴーギャン展を見て来ました。
名作が沢山並んでいるわけではありませんでしたが、
ゴッホとゴーギャンとの、南仏アルルでの共同生活のいきさつや、
生涯を通して二人が互いに影響されあった関係性がとても
よく理解できる展覧会でしたよ。

今、アメリカでは大統領選挙の行方で盛り上がり、
大騒ぎのようですね。
そこで、アメリカ料理の本で見つけた、エレクション(選挙)ケーキを
焼いてみました。このケーキは昔から伝わるケーキで選挙の時や
収穫祭などの集まりでふるまわれたケーキだそうですよ。
イーストを使った、発酵生地で作りました。
先日、自分で作ったオレンジピールとカボチャを入れて焼きました。
紅茶には宮崎の物産館で見つけた、ヘベスと云う
柑橘類の果汁を絞って入れました。
爽やかな香りの紅茶になりました。
e0164519_13504112.jpg

e0164519_1451676.jpg
秋の軽井沢
e0164519_1483934.jpg
アミちゃんはボール遊びが大好き!将来はナデシコジャパン?
e0164519_14104450.jpg
[PR]
# by rosemasayo | 2016-10-25 14:17

プラムリーアップルのアップルダッピー

庭では秋のバラが咲き始めました。花は小ぶりですが、
どこか奥ゆかし気な風情があります。
秋明菊も今が盛りと風にゆらゆらと花穂を揺らしています。
秋の花達は皆どこか楚々としていて、
少しだけ夏が去って行った寂しさを感じてしまいますね。

先日、展覧会で、ビアトリクス・ポターの絵本の原画を見て来ました。
原画の中でも、ピーターラビットは生き生きと跳ねていましたよ。^^
お父さんウサギは農園の夫婦にパイにされてしまったそうですよ。
何となく、イギリスっぽいなぁ。と思ってしまいました。
湖水地方の美しい風景を思い出します。

今日はプラムリーアップルでアップルダッピーを焼きました。
プラムリーアップルは料理用のとても酸っぱいりんごです。
アップルフィリングのための、お砂糖は少し多めにしました。
パンのように見えますが、生地はほとんど薄力粉で、サクッとした
パイのような食感です。カスタードソースをかけて頂きます。
焼きたてに温かいカスタードソースをかけて頂くのが美味しいですが、
冷めてからでも美味しく頂けますよ。^^
紅茶は英国のお土産に頂いた、エリザベス女王の90歳のお誕生日を
記念して作られた、記念缶に入った紅茶です。
とにかく缶のデザインが素敵です。もちろんお味も美味しい紅茶です。
e0164519_1835226.jpg

e0164519_18401097.jpg
e0164519_18405071.jpg
[PR]
# by rosemasayo | 2016-10-10 18:45

シナノピッコロのアップルケーキ

幾日も続いた秋雨の後、今日は久しぶりの快晴でしたよ。
朝から近くの小学校からか、運動会のアナウンスが聞こえて
来ました。お天気になあれ!!と云う子供たちの願いが天に届いた
のかもしれませんね。^^みんな頑張ったかな?!
時々購読している米国の雑誌の特集号はもう、サンクスギビングや
クリスマスのティーパーティーの開き方でしたよ。
早いですねぇ!もう今年も締めくくりの時期になってしまったのかしら。

我が家のティータイムでは信州からの小さなリンゴ、シナノピッコロで
アップルケーキを焼きました。英国のベティーズのクッキングスクールの
レシピで作りました。卵白を別立てして作るのですが、しっとりと軽い
スポンジと生のリンゴに切れ目を入れて焼き上げるせいか、
焼きあがってもリンゴのシャリシャリ感が残っていて、とても美味しく
できました。
紅茶は、茶葉をウバにして、ミルクティーにしました。
信州のリンゴの花のはちみつを加えて、キャンブリックティーにしましたよ。
キャンブリック(亜麻)色の紅茶になりました。
e0164519_191347.jpg

e0164519_19164610.jpg
コスモスが青空を背にして風に揺れていました。
e0164519_1920744.jpg
[PR]
# by rosemasayo | 2016-09-25 19:24

クラナッハン?と巨峰の紅茶

グザヴィエ・ドゥ・メストレのハープ・リサイタルに行きました。
何度行っても、グザヴィエの演奏には感動させられてしまいます。
力強く、かつ繊細で、高度な技術と才能!その上に演奏する姿も
美しいので、いう事ありませんね。
そうそう、品川の外資系のホテルでアフタヌーンティーを
してきました。すると、何と、かき氷が出て来ました。
トップにはココナッツアイスクリームが乗っていて、
底にはマンゴーアイスクリームが入り、甘納豆が入っていました。
何だか斬新なアイデアで楽しいアフタヌーンティーになりましたよ。

今日はスコットランドの夏のデザート、クラナッハンからアイデアを
得たデザートを作ってみました。スコットランドではオーツ麦が良く
収穫されるので、クッキーなどにもよく使われています。
本来は、オーツ麦を乾煎りして、スコッチウイスキーとハチミツで
風味を付けた生クリームとラズベリーを交互に重ねたデザートですが、
スコッチウイスキーをブランデーに変えて、ラズベリーを生イチジク
にして、トッピングに削ったチョコを散らしてみました。
紅茶は巨峰が美味しそうだったので、巨峰のグレープティーに
しました。ポットに、ブドウの粒をつまむようにして果肉だけ入れて、
指に残った果皮を軽く絞って、果汁も入れます。
ブドウを入れたポットに紅茶を注いで5分位置くと
巨峰のグレープティーの出来上がりです。
蒸らす時間が長いほど、巨峰の香りと甘みが出てきますよ。
e0164519_18251772.jpg

e0164519_18275212.jpg
スコットランドと云えばアザミの花ですね。これは軽井沢のアザミです。
ちょっと棘が痛そうですね~。
e0164519_18304640.jpg
アミちゃんも少しだけ女の子っぽくなりました。
e0164519_18342811.jpg
[PR]
# by rosemasayo | 2016-09-09 18:45