南風と北風

南風と北風が交互に吹いて、毎日の最高気温は上がったり、下がったり。
小鳥達に食べられながらも、まだ赤い実を付けている野バラや蔓バラを
思い切って剪定して、誘引しました。もう新芽が動き始めました。
スノードロップが咲いて、黄色いクロッカスも咲き競い始めて、
庭の餌台にはシジュウカラやメジロやスズメまで、皆二羽のつがいで
やって来て、騒がしく追いかけっこをしています。
嬉しい春。生き物達が命を吹き返す春が来ましたね。

コーヒーケーキを焼きました。紅茶にコーヒーケーキはどうかしら?
と思いましたが、コーヒーにも負けない紅茶は?と思って、
世界の三大紅茶の一つ、キーマン茶を入れてみました。
スモーキーなオリエンタルな香りの紅茶です。
e0164519_18413714.jpg

毎年、球根が増えて咲いてくれる、スノードロップやクロッカス。
ビオラもこぼれ種から増えて、こんなに小さいのに花を付けます。
e0164519_18454743.jpg
e0164519_18511672.jpg
e0164519_1851575.jpg
[PR]
# by rosemasayo | 2017-02-25 18:58

春はゆっくりと。バレンタインのチョコレートケーキ

立春を過ぎて、陽射しが少しずつ強くなってきましたね。
お天気の良い日の窓辺の陽だまりはポカポカと暖かく、
アミちゃんも手足を伸ばして、心地よさそうです。
でも、一歩外へ出ると、冷たい風がほほを刺していきます。
春の歩みはゆっくりですね。
健康のために、通っているバレエ教室では、4月の発表会に
向かって、出演する友人達が衣装合わせをしていました。
パステルカラーのグリーンやイエロー、ピンクのチュールを
ふんだんに使ったふわふわのドレスはとても可愛らしくて、
衣装合わせをしている顔、顔、はとても楽しそうでしたよ。

もうすぐバレンタインデーですね。
そこで、チョコレートケーキを焼いてみました。
フラワーレス チョコレートケーキ。
小麦粉を使わずに、バター、チョコレート、ココア、アーモンドプードル、
卵を混ぜて、焼き上げました。
お味はオーストリアのザッハートルテにそっくりです。
生クリームと苺を添えると、濃厚なチョコレートケーキが
絶妙な美味しさになりましたよ。^^
紅茶はゆずのマーマレードティーにしました。
大きなゆずがあったので、刻んで、あっという間にマーマレードを
作りました。紅茶に入れると、ゆずの香りが豊かに広がり、
とても美味しい紅茶になりました。^^
e0164519_15492018.jpg

アミちゃんはテレビに犬さん達が映ると、ダ~と走って行って
テレビの画面に被りつきます。向こうから見るとこんな感じ??
e0164519_15562078.jpg
ボール命のアミちゃんです!
e0164519_16020100.jpg
[PR]
# by rosemasayo | 2017-02-10 16:09

マリー・アントワネットのバラ

1月の冷たい空気の中でも、数種類のバラは庭で花を
付けています。バラは暑さよりも寒さの方に強いのかも
しれませんね。
六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されている、
「マリー・アントワネット展」を見て来ました。
ルブラン夫人の描く、マリー・アントワネットの肖像画には、
一輪のバラの小枝を持つ、アントワネットが描かれていました。
違う構図の絵の幾枚かでも、同じ様にバラの小枝を持っています。
そのバラはロサ・ケンティフォリア。花びらが100枚もあるバラ
と云う意味で、カップ咲きの花の形から、キャベッジ・ローズとも
いわれています。南フランスのプロバンスでは香油を採取するために、
昔から、栽培しているバラです。
きっと、アントワネットはこの香りの良い、愛らしいバラが大好き
だったのでしょうね。浪費家と云われ、悪くも言われてきた彼女
ですが、美的センスに優れた、美しい女性だったのかもしれませんね。

ティータイムには体を温め、風邪を予防するメニューを用意しました。
お菓子はジンジャーブレッド。体を温めると云われるショウガの砂糖煮
を作って、みじん切りにして、ゴールデンシロップやブラウンシュガー
を使った、イギリス風の作り方のケーキに加えました。
マスカルポーネを添えてみました。^^
紅茶は茶葉のニルギリにハーブの風邪予防にも良いと云われる、
エルダーフラワーやレモングラスを加えて淹れました。
エルダーフラワーの甘い香りがミルクにとても良く会いますよ。
e0164519_21444794.jpg

デッキではガーデンシクラメンが満開です。
e0164519_21491614.jpg
室内では、エア・プランツのチランジアに赤い花が咲きました。
e0164519_21554199.jpg
[PR]
# by rosemasayo | 2017-01-25 22:02

ゆったりと、ガトー・オ・ポムでティータイム

あれよと云う間に、家々から門松も取り外されて、
にぎやかな新年から、日々の暮らしに戻りつつありますね。
お天気の良い、穏やかなお正月で良かったです。
お正月に、ファンタスティック・ビーストを観て来ました。
ハリーポッターシリーズを楽しんでいたので、新作も楽しみでした。
キラキラ光る、金貨や宝石が大好きでパクパクと食べてしまう、
カモノハシ?みたいなくちばし?を持ったニフラーや
緑色の木の芽のようなボウトラックルは仕草もとても
可愛くて、思わず笑いたくなりましたよ。^^
子供の気分で楽しめました。^^

ティータイムには簡単に作れる、ガトー・オ・ポムを焼きました。
フランス料理の本に載っていたのですが、ボールの中に、ざく切り
にした、リンゴと普段のケーキの材料を入れて、混ぜて、耐熱皿に
入れて、オーブンで焼くだけです。簡単で美味しいお菓子になりましたよ。
バニラアイスクリームを添えて、頂きました。
紅茶はダージリンのオータムナル。気軽なティータイムになりました。^^
e0164519_17163023.jpg

庭ではソシンロウバイが満開に花開き、万両が赤い実を沢山付けています。
1月の風景です。
e0164519_17235588.jpg
e0164519_172575.jpg
[PR]
# by rosemasayo | 2017-01-10 17:34

クリスマス・プディングとナッツ・クラッカー

クリスマスシーズンならではのバレエ、K バレエ・カンパニーの
「くるみ割り人形」を見に行きました。
クリスマスの真夜中、少女クララが、くるみ割り人形と共に、
おもちゃの国に出かけ、おもちゃの国にかけられた呪いを解くと、
お礼に、おもちゃの国の人形たちが、数々の踊りを見せてくれます!
とても素晴らしく、楽しいものでしたよ。
中村祥子さんのマリー姫はとても素敵でした。
最後はスタンディングオベーションで締めくくられました。

クリスマス・プディングを作りました。
キリスト教のアドヴェントの直前の日曜日に生地を作り
始めるそうですよ。願い事をしながら材料を混ぜるとか。
一応、願い事をしてみました。^^
オレンジピールやリンゴ、アーモンドなどとても沢山の
材料を混ぜました。スチームプディングなので、器ごと、
茹でます。最低6時間は茹でないと、複雑な美味しい味わいに
なりません。食べる日まで、一日2時間でも茹でましょう。
と習いました。始めは黄金色だった生地が6時間後には、
黒光りするような色になりましたよ。
最近は英国でも、自分で作る人は少なくなっているそうです。
本来はクリスマスディナーのデザートとして、ボールに分けて、
カスタードソースヤブランデーソースをかけて食べるそうです。
我が家ではクリスマス・ティーで食べてしまいました。^^
買った物は何度か食べた事がありましたが、時間を掛けただけあり、
今までで、一番美味しいプディングでした。
紅茶はロンドン土産に頂いた、クリスマスティーにオレンジを
添えました、クリスマスらしい、ティーになりました。^^
e0164519_15391562.jpg

ブランデーで火を付けると、青い美しい炎が流れます。
付け方があるので、そのまま火を近づけても付きませんよ。念のため^^。
e0164519_1546746.jpg
e0164519_15472427.jpg
[PR]
# by rosemasayo | 2016-12-25 15:57