<   2017年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

バラの香りとプリンセスフィンガー

6月が近づいて、盛大に力強く咲き誇っていたバラの季節もそろそろ終わろうとしています。
ポールズヒマラヤンムスクがそろそろ桜色の花弁を散らして、黄色いマーメイドが咲き始めていますよ。
今年もありがとう!バラの花たち。同じバラの木でも毎年表情を変えて、
花の顔つきも、ちょっと変わったりして。楽しみはつきません。
ティータイムにプリンセスフィンガーというスライスケーキを焼いてみました。
このケーキも洋書から見つけたのですが、プリンセスがついつまんでしまうという事かしら?
下のスポンジ部分は卵黄を使って固めに作り、間にラズベリージャムを塗ってクルミと
グレースチェリーを刻んで乗せて、その上にしっかりと泡立てたメレンゲとココナッツを混ぜた
ものを乗せて焼きました。冷めてから、切り分けます。
さすがにお味は最高でした!が、作るのは、手間がかかりましたぁ^^。
紅茶はスリランカのウバ地区のHalpe TeaのオレンジペコOPです。
甘いモルト系の香りに、爽やかな余韻の残る紅茶です。
e0164519_16083357.jpg
e0164519_16160686.jpg
e0164519_16190593.jpg



[PR]
by rosemasayo | 2017-05-25 16:27

薔薇とサバラン

今日はゴールデンウイークの最終日。
今年は庭のバラや草花たちを眺めつつ、ゆったりとした日々を
過ごしました。硬かったバラの蕾も一挙にほころんで、
マダム・アントワーヌ・マリ、マリエ、アブラハム・ダービーなど
が花開き、デルフィニュームは青い花を満開にして、
濃いピンクの芍薬も咲き始めましたよ。

サバランを焼いてみました。
クグロフの型で焼いたのですが、後で何となく開いた、
お菓子の歴史の本を見て、ビックリ!!
17世紀頃に生まれたお菓子、クグロフはマリー・アントワネットに
よって、フランスに伝えられ、18世紀頃、ロレーヌ領主のレクチンスキー
が硬くなったクグロフにラム酒をかけてみたところ、とても美味しくて、
それがババになり、時を経て、19世紀中頃、パリで人気のお店で改良が
加えられ、サバランになったそうですよ。おもしろいですね。^^
紅茶はアイス・パイナップルティーにしました。
スリランカでビューレにしたようなパイナップルジュースを
とても美味しそうに飲んでいた人がいたので、
パイナップルをピューレにして、アイスティーに入れてみました。
少し繊維質が気になるものの、美味しく頂けました。^^
e0164519_14052053.jpg
e0164519_14061799.jpg
満開になったキャラメルアンティーク、アルシデュック・ジョセフ、で花束にしました。
e0164519_14105429.jpg
ヨーロッパのお土産はお魚チョコレートの缶詰でした。チョコレートの鯉のぼりみたい?!
e0164519_14134215.jpg



[PR]
by rosemasayo | 2017-05-07 14:23