<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

クリスマス・プディングとナッツ・クラッカー

クリスマスシーズンならではのバレエ、K バレエ・カンパニーの
「くるみ割り人形」を見に行きました。
クリスマスの真夜中、少女クララが、くるみ割り人形と共に、
おもちゃの国に出かけ、おもちゃの国にかけられた呪いを解くと、
お礼に、おもちゃの国の人形たちが、数々の踊りを見せてくれます!
とても素晴らしく、楽しいものでしたよ。
中村祥子さんのマリー姫はとても素敵でした。
最後はスタンディングオベーションで締めくくられました。

クリスマス・プディングを作りました。
キリスト教のアドヴェントの直前の日曜日に生地を作り
始めるそうですよ。願い事をしながら材料を混ぜるとか。
一応、願い事をしてみました。^^
オレンジピールやリンゴ、アーモンドなどとても沢山の
材料を混ぜました。スチームプディングなので、器ごと、
茹でます。最低6時間は茹でないと、複雑な美味しい味わいに
なりません。食べる日まで、一日2時間でも茹でましょう。
と習いました。始めは黄金色だった生地が6時間後には、
黒光りするような色になりましたよ。
最近は英国でも、自分で作る人は少なくなっているそうです。
本来はクリスマスディナーのデザートとして、ボールに分けて、
カスタードソースヤブランデーソースをかけて食べるそうです。
我が家ではクリスマス・ティーで食べてしまいました。^^
買った物は何度か食べた事がありましたが、時間を掛けただけあり、
今までで、一番美味しいプディングでした。
紅茶はロンドン土産に頂いた、クリスマスティーにオレンジを
添えました、クリスマスらしい、ティーになりました。^^
e0164519_15391562.jpg

ブランデーで火を付けると、青い美しい炎が流れます。
付け方があるので、そのまま火を近づけても付きませんよ。念のため^^。
e0164519_1546746.jpg
e0164519_15472427.jpg
[PR]
by rosemasayo | 2016-12-25 15:57

クリスマス・アフタヌーンティー

英国伝統のクリスマスケーキを習いました。
英国人の先生の作る伝統的なクリスマスケーキはどっしりとして、
オレンジピールやレモンピール、レーズン、アーモンドなどが
たっぷりと入っています。シナモンやミックススパイスの香りに、
仕上げにはブランデーの良い香りも加わります。
フルーツケーキの土台に、卵とブランデーも入っている
イギリス風マジパンでカバーして、さらに、その上に
ロイヤルアイシングを重ねて仕上げました。
これはもう、英国つながりの友人を呼ぶしかありませんね。
英国のフラワースクール、コンスタンス・スプライで
数か月を共に過ごした、仲間と共に、
早めのクリスマス・アフタヌーンティーを楽しみました!!
紅茶はエスプリ・ド・ノエル、グレンデール茶園のニルギリ、
エリザベス女王のバースデー・ブレンドティーを楽しみましたよ。
それぞれの近況報告や英国での楽しく幸せだった、日々の思いでに、
あっという間に、時は過ぎて行きました。

e0164519_18211262.jpg

e0164519_18162590.jpg
e0164519_18181836.jpg
アミちゃんも、クリスマス気分^^
e0164519_18263194.jpg
[PR]
by rosemasayo | 2016-12-10 18:39