ヌアラエリアの美味しい紅茶の旅

「世界で一番美しい瞬間」という番組を見て以来、
憧れていた、紅茶の産地、スリランカのヌアラエリアへ行って来ました。
ヌアラエリアはスリランカでも標高の高い場所にある紅茶の茶畑です。
山の斜面にどこまでも続く茶畑では、フラワリー、フルーティーと
評される香り高い紅茶が生産されています。
紅茶の製茶工場を見学後、クオリティーシーズンの美味しい紅茶を
飲むことができ、感動的でした。紅茶を摘む体験もできましたよ。
帰りは、4時間、紅茶列車に揺られて、キャンディまで帰りました。
ヌアラエリアの駅では、まるで駅弁を売るように、首から掛けた籠に
苺を入れて、売り歩くおじさんがいました。

その思い出もあり、ティータイムのお菓子は苺のババロアにしました。
ババロアの中には、輪切りにしてコアントローで香りを付けた苺を
散らしてみましたよ。ストロベリーソースも作って添えました。
紅茶はヌアラエリアで買った、THE GOLDEN FLUSH。
金色の缶に赤い王冠の絵が印象的です。
香り良く、心地よい渋味のある紅茶です。
e0164519_20051365.jpg
スリランカの人々はとてもお釈迦さまを大切にしていました。祭壇の前には山の様に紫の睡蓮や白や黄色の花々が捧げられていました。
新しいカメラの画像が取り込めないので、後日。
今庭ではクレマチス・アーマンディーが満開です。
e0164519_20553322.jpg
e0164519_20533384.jpg





















[PR]
by rosemasayo | 2017-04-10 21:13
<< チューリップのイメージのケーキ... 桜の頃とオレンジ・ポピーシード... >>